粗大ごみ回収に高い料金を払って処分してもらう時代

使わなくなった2段ベット、回収料金3000円で自治体の粗大ごみ回収で処分してもらいました

二段ベッド

3年程前に、2段ベットを処分することにしたのですが、市で決められてしる粗大ごみ回収の日には集積所までだせれば無料で持って行ってくれるのですが、我が家からは集積所は遠くて普段のごみも持って行くのに大変なので困ってしまいました。
リサイクル業者に査定にきてもらったのですが、子供たちが2段ベットを使っていたので消耗も激しくて、マットレスはボロボロだったことから、買取は難しいと言われてしまいました。
そこで、市の自治体で行っている粗大ごみ回収にお願いすることにしました。市役所に電話をすると、水曜日が粗大ごみ回収の日なので、時間は都合の良い時間にきてくれると言ってもらったので、9時にお願いしました。2段ベットで回収料金は3000円ということでした。少々高いですが、処分しなければお部屋は片付かないので、お願いしました。当日までに、2段ベットを家の外に出して置いて下さいと言われました。市の業者の人は、引っ越し業者とは違いますので、家の中には入らない決まりになっているのです。ですから、外までは自分たちで運ばないと持っていってくれないのです。前日に明日の天気を確認して、雨の心配がないことから主人と子供たちと外の庭先まで運び出しました。2段ベットは、枠は分解できますが、マットレスはそのままの状態で運び出さなくてはならないので、2階の子供部屋からの運び出しは苦労しました。
次の日、9時に業者の人が回収にきてくれました。大型のトラックに荷物を積んでお金を払うと市役所の領収書をその場でくれました。

買う時は簡単だが、処分するのは大変! 安易な考えで物を買って処分することは環境にも良くないと思いました

買う時は、家具屋さんが持ってきてくれて、簡単に設置していってくれたので楽でしたが、処分するのは大変だなと実感しました。最近は、家具屋でも新しく家具を購入すればサービスで古い家具を引き取ってもらえますが、中には有料の場合もあって次に購入する予定がない時は、粗大ごみの処分は気軽にできない世の中になってしまいました。
物が溢れている時代だからこそ、無駄にごみを出してはいけないのです。その後、我が家では大物の家具は買わないようにしています。欲しいと思っても、処分するときどうすればいいのかを考えるようになりました。
昔は、大きな家具などの買い物は一生持ち続ける人が多く、大切に使われてきました。今は安い商品も多くデザインも豊富なので、気軽に買い替えができます。豊かになったことは、喜ばしい事ですが、環境のことを考えると安易な考えで物を買って処分することは、良くないと思いました。